ブログ

職親

皆さんおはようございます。

連休頂きありがとうございます、来週も月火と連休となりますのでお間違えのないようよろしくお願いいたします。

 

さてさて、皆さん「職親」って聞いたことありますか?

 

今就ている仕事を教えてくれた、仕事に対する心構え等影響を受けた人。簡単に言えば「師匠」と言えるでしょうか。私は専門学校を卒業しすぐに横浜でこの仕事を始めました。その当時の社長が僕にとって職親と言える存在です。

 

普段は優しく見守り、時に厳しく教えてもらいました。その中で今でも大切に思っていることが2つあります。

 

1つ目は「お客様第1主義」

どんな仕事であっても必ずお客様は存在する。お客様の事を1番に考え、自分達はお客様を喜ばせるために何をするのか?と言うことを日々考え仕事をしていました。お店がスタッフがいくら良くてもお客様がいらっしゃらなければ何の意味もありません。僕等はお客様に生かされている、そう思うようになれた言葉でした。

 

2つ目は「縁を大切に」

一生の内で人と人が出会う確率は、赤く塗った米粒を米俵の中に入れて探し当てるのと同じ確率。そんな確率で出会う縁というのは大切にしなくちゃいけない。毎年新年会で社長が仰ってた言葉でした。毎年言われるから流石に頭に残りますよね(笑)でも本当に出会いの縁は出会うべく人にしか会えないようになってると思います。

 

そんな縁で出会い育ててくれた社長も昨年亡くなってしまい、もう1年が経とうとしています。これからは育ててもらった私達が若い世代に伝えていかなくてはいけないと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る